banner

2018年 3月

<当日の様子>

 

 

 

 

 

 会社の業績を延ばすため普段どのような資料を見ていますか?

その資料は会社の経営に本当に役立てることが出来ていますか。

しかし本当に会社が必要な情報とはどんなものでしょうか。

経営者が知るべき情報とその活かし方を考えると共に

経理がもつ情報の中から効率よく経営に役立つ情報引き出すための資料の
作り方を考え、将来勝ち残る為の経営資料のあり方を考えます
是非このセミナーに参加いただき、今後の経営のあり方を考えましょう!

 

【日時】4/18(水) 15:00-17:00(開場14:30)

【開場】株式会社アクシィ経営支援室 セミナールーム

(千代田区九段南3-3-4 ニューライフビル5階)

【講師】株式会社アクシィ経営支援室 人としくみのコンサル部門 部長 栗原正幸

株式会社アクシィ経営支援室 リソースバンク部門 部長 渡辺裕子

【料金】一般 3,000円 お客様価格2,000円

 

 

 

管理会計とは「経営の未来を描くのに必要な会計」であり、「経営のための会計」です。
管理会計を導入することで、

・経営判断が早くなる
・社内の意識と実行力が高まる

などといった効果があげられます。

 

先日、弊社が運営している勉強会、

「管理会計研究会」の基礎編・実践編の説明会を行いました。
(主催:株式会社中小企業サポートネットワーク/SmallSun)

その管理会計研究会の内容と説明会の様子をご紹介いたします。

 

管理会計とは経営のための会計です。

 

たとえば以下のことに役立ちます。

◆経営意思決定
◆業績評価(何で儲けているか)
◆原価計算(コスト管理・価格設定)
◆予算管理(目標達成)⇒基礎編ではこの部分を中心に学びます

管理会計というと難しそう・・と敬遠される方もいらっしゃると思いますが、
通常の財務会計のような難しい計算ばかりではなく、
答えが用意されているものではないので、自社に沿った自由な考え方で構築することができます。

基礎編では、全10回の講義とワーク・ディスカッションで理解を深めていくことができます。
月に1回、同じ参加者様が集まって勉強するので、自然と親睦が深まり、
数字が苦手という方でも、一歩踏み入れると、楽しく勉強することができます。

実践編は基礎編を修了された方がとなりますが、
基礎編で得た知識を会社で活用するために、弊社のシステムを使用し、
実際の会社のデータで5ヵ年計画を策定していきます。
そして目標達成のために行動計画に落とし込み、チェックを行います。

(今期の募集は終了いたしました)

 

基礎編の説明会は修了しましたが、
募集は受け付けておりますので、ぜひご検討ください。

お申込みは

E-mail:info@axy-net.jp

までお願いします。

◆管理会計研究会(基礎編)

※開始を3月から4月に変更しましたのでご注意ください※

<目的>これから管理会計に取り組むための基礎的知識及び手法を学ぶこと。

<日程> 月に1回 3月~12月の第1または第2水曜日18:00-20:30(カリキュラム参照)

<参加費>一般 129,600円
(年会費24,700円+基礎編108,000円でスモールサンの会員になれます)

<監修・講師>株式会社アクシィ経営支援室 山本哲郎 / 栗原正幸

【カリキュラム】
第1回 4/4(水) 中小企業に求められる管理会計

第2回 5/9(水)決算書を読む ① -財務会計の視点-

第3回 6/6(水) 決算書を読む ② -管理会計の視点-

第4回 7/4 (水)経営理念の確立

第5回 8/8(水)SWOT分析の手法

第6回 9/5 (水)戦略策定の手法

第7回 10/3(水)中期ビジョン、課題抽出

第8回 11/7(水)中期5カ年計画の策定(数値計画)

第9回 12/5(水)中期5カ年計画の策定 (数値計画・行動計画)

第10回 1/16 (水)まとめ & 発表(講義)

 

~2/16(金) 説明会の様子~

 

管理会計研究会(実践編)

 基礎編を修了し、次のステップとなる実践編です。
<日程> カリキュラム参照<参加費>129,600円<講師>株式会社アクシィ経営支援室 山本哲郎第1回 3/16(金)自社を知る
第2回 4/17(火) 中期ビジョン確立と戦略策定
第3回 5/22(火)中期ビジョン達成プロセスの数値化
第4回 6/19(火) 単年度計画への落とし込み&アクションプラン策定
第5回 7/17(火) 単年度計画実行状況の チェック&アクションプラン見直し/必要に応じアクションプランを見直す
第6回 8/21(火) 〃
~2/19(月) 説明会の様子~

主催の株式会社中小企業サポートネットワークについて

株式会社中小企業サポートネットワーク(通称SmallSun)は、立教大学名誉教授山口義行氏が主宰する
中小企業経営者のための交流フォーラムで、会員に対しマクロ経済情報を提供するとともに全国20カ所で
ゼミ(経営者の勉強会)を展開する等しております。
現在このネットワークに加盟している中小企業経営者は1600名ほどにも上っています。ぜひご参加ください。

 スモールサンオフィシャルサイト

こんにちは。
コンサル部門の田口です。

もうずっと寒い時期が続いておりますが
皆さん体調は大丈夫でしょうか?

弊社ではインフルエンザにかかったものがいないので
ほっとしておりますが、猛威をふるってますよね。

そんなこのごろですが、先日、2月16日は中国の旧暦でいうお正月でした。

中国では旧暦の正月を「春節」と呼び、盛大にお祝いしますが
2月15日の大晦日から7日間の大型連休となります。
日本に来る中国人も増えたのでしょうか。

そこで、中国人から見る日本について話したいと思います。

「中国人はあまり豊かには感じない現在の日本 /出典: DIAMONDオンライン」という記事を読んだ。

驚くことが多かったのでここにあげておく。

 

◆現在の中国人にとって今の日本は、たくさんある旅行先の一つにすぎない。

・日本は近くて安い庶民の旅行先、という感覚である。

・中国の都会育ちの若者からすれば、今や日本は、「昔懐かしい国ね」(20代)なのである。

 

◆高齢化文化ニッポン

・日本を旅行した中国人がまず驚くのは、あちこちで高齢者が働いていることである。中国人よりも小柄なのでよけい気になるよう。

・高齢化社会の日本は中国人から見て、小さい・歳をとった人が大量にいる国なのである。

・そして、街も小さくて古く感じている。日本の都市のインフラは数十年前に基本が完成している。そしてそれが続いた不景気のせいか、あまり更新されていない。

(経済が急成長した中国は都市開発の大半がここ10年以内で、まだピカピカのところが多い。)

 

◆日本の観光地は小さい

・中国の観光地は、その“騙し”だらけの管理の質はともかく、とにかく何でも大きい。黄河は対岸が見えないし、滝もナイアガラみたいなのがある。

・「日本の風景はスケール感が足りなくてどこも同じ」と言う。

・中国人に「わび・さび」がわかる人は少ない。

 

◆中国では現金を使わない

・中国では現在、スマホ決済がどこでも普及しており、ちょっとした屋台の買い物も配達やレンタルなどいろんなサービスもスマホで決済できる。

・さらに今、中国はスマホ決済に伴って、申込書や受取書などが高速でペーパーレスになっているので、なんでもかんでもまだ紙の日本に、正直「えっ?」という感じがする。

 

 

この記事ではいろいろな本音がうかがえて、へ~知らなかった、と思うものばかりであった。

もちろん、すべての方の意見では無いので、固定観念にならないようにしないといけない。

こうやってお互いの文化の違いを知り、認め合い、高めあえるようになるといいのではないだろうか。

相手にとって何が良いと感じ、何が良くないと感じるか、それは異文化ならなおさらわからないものなので、「寛容の気持ち」を持って接していく努力が必要だと思う。

 

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

LINK

navi01 navi02 navi03 link1 link2

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873