banner

金沢お城めぐり紀行

師走に入り今年もあと僅か毎日あわただしい時期になりました。

ところで「師走」の語源を調べてみたのですが、遥か昔し平安末期から使われてきたようですが、
はっきりしないのが現状だそうです。

慌ただしいこの時期にはピッタリの言葉ですね。

そんな慌ただしい中ですが、先日、北陸金沢にお城めぐりに行ってきました。

この時期の金沢は昔からの言い伝えで「弁当忘れても傘忘れるな」というくらい雨の多い時期です。
金沢気象台のデータで調べてみると、冬期(12月~2月)の平均降水確率は約70%一月のうち22日は雨と言う事になます。
そんな中でしたが普段のおこないが良いのかお天気には恵まれ超ラッキーでした。

皆さんは、「公益財団法人日本城郭協会」をご存知でしょうか。
「日本100名城」を選定したところです。私は昨年よりこの日本100名城にはまり各地を周り始めました。

「日本100名城スタンプラリー」と言うのがあって、今までに関東、東北と18名城を周りましたが、
今回は高岡城、金沢城、七尾城を周ってきました。

ところで、「日本100名城」とは何なのか公益財団法人日本城郭協会の資料によると、
各都道府県から1城以上、5城以内での応募により集まった中から、「保存」、「復元の程度」、「文化財・史跡の指定状況等」を
確認し、史実に関係なく観光目的で建てられたものなどは除き選定されたそうです。

今回、まず最初に行ったのは高岡城、北陸新幹線富山駅より「あいの風とやま鉄道」の高岡駅下車徒歩15分のところにあります。
高岡城は加賀前田家2代目前田利長公が隠居後富山城に移りましたが、大火により城が焼失し、新たに現高岡市に高岡城を築城したそうです。

利長公が亡くなった後、元和元年(1615)に城は「一国一城令」により廃城となりましたが、
城を中心に囲まれた3つの水濠が築城時のまま現在の高岡市の中心市街地に「高岡古城公園」として残され、
本丸跡は射水神社として、また、水濠周辺は桜の名所として高岡市民の憩いの場となっています。

次に行ったのは金沢駅でその壮大な光景にはビックリしました。
金沢には数十年前に行った事がありましたが、北陸新幹線が開通し駅は大きく様変わりしていました。
さすがに加賀百万石と言われた城下町、兼六園口(東口)広場に出た途端目を奪われるのが、
「鼓門・もてなしドーム」と呼ばれる網目状の総ガラス張りのドームに度肝を抜かれます。
さすがにおもてなしの国、雨の多い金沢にふさわしく傘なしで移動できるよう配慮されています。
外国人観光客も多く、まさに国際都市さながらの模様でした。
金沢城公園まではバスで15分程度「兼六園下」で下車すぐに石川門です。
金沢城は前田利家公の居城で1546(天文15)に創建されましたが、1759(宝歴9年)金沢城下大火災により城内がほぼ全焼失したそうです。
その後、二の丸御殿、橋爪門、石川門が普請されましたが度々の火災により焼失し、平成13年に現在の菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓等が忠実に復元されたそうです。

また、周辺は金沢大学が移転したため広大な敷地の金沢城公園になっています。

 

 

翌日に周ったのが七尾城この日は冬の金沢らしく夜半から降り出した雨で時折みぞれが舞う天気でした。
七尾駅で下車し観光協会で話を聞き、バスで15分程の七尾城史料館に行きました。
館主によると七尾城跡は山城で登山口から本丸(頂上)まで1時間かかると言う事で、
今日は雨でぬかるんでおり途中イノシシが出たという情報があるので入山は差し控えた方がいいと言うので
史料館のみの見学となりました。
史料館では七尾城の大画面CG画像で七尾城の概要が見られます。七尾城は能登畠山氏の居城で、標高300m程の尾根上にあり、
尾根から分かれる大小の尾根に砦を配置した大規模の山城で「七尾」の名はそのうちの七つの尾根から由来したと言う事です。

現在も本丸の石垣や、各曲輪の石垣がほとんど現存しており国の史跡として保存されているそうです。

今回は本丸跡まで行けなかったのは残念でしたが七尾城史料館だけでも一見の価値はありました。

機会があれば是非もう一度行ってみたいところです。

師走の忙しい中ながながと失礼しました。今年もあと僅か良いお年をお迎えください。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

LINK

navi01 navi02 navi03 link1 link2

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873