banner

コンサルタントアイ 第181号

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

数日前からの大寒波で、全国的に寒くなっています。

外出後のうがい・手洗いをしっかり行い、暖かくして風邪などひかないようご注意ください!

 

さて、今回のコンサルタントアイは『“強み”を知る』について少しお話しさせていただきたいと思います。最後までお付き合いください。

 

~“強み”を知る~

 

 

年末体調を崩してしまい家から出られなかった私は、久しぶりにゆっくりとテレビを見ていた。

あるテレビ番組で外国人観光客の動向を調べ、追跡するということをやっていた。日本人はあまり行かないスポットが意外にも人気を呼んでいるようであった。ほとんどの場合インスタグラムで紹介された場所で、飾らない素人情報が外国人の心を掴んでいたようだ。

 

テレビで紹介されていたスポットを二つ紹介する。

1つは京都の愛宕念仏寺である。JR嵯峨嵐山駅から徒歩で40分以上かかる奥地にある。外国人観光客はこの寺の何に惹かれてここまでくるのだろうか?

答えは『1200体の羅漢像』であった。この羅漢像は一般の参拝者がそれぞれ彫ったもので、色々な表情をしておりとてもかわいらしい!この羅漢像と一緒に撮った写真がかなりの人気らしい!

もう一つは群馬県水上町にある宝川温泉・汪泉閣である。上越新幹線「上毛高原駅」から路線バスで約25分、JR水上線「水上駅」より路線バスで約30分とかなり不便なところにあるが、多くの外国人観光客が訪れている。

外国人観光客のお目当ては、『渓流沿いに広がる大露天風呂』である。雪と戯れながら露天風呂ではしゃぐ外国人観光客は非常にインスタ映えしている。

 

今回紹介された外国人の人気スポットは、日本人にとっては『あまり興味がない、不便だから行かない、昔は行ったことがあるが今は・・・』といった今の日本人にとって決して行きたいと思う場所ではない。しかし、日本を“外から見ている”外国人にとっては、非常に興味深い場所であり、日本を感じることが出来る場所なのである。我々日本人は、今自国の“良さ”や“強み”がわからなくなってしまっているのかもしれない。

よく使われる格言に『鳥は空気が見えない、魚は水が見えない、人間は自分が見えない』というものがある。昔から人は自分のことや自分が所属する組織のことは見えなくなってしまうのかもしれない。

 

 

ビジネスの世界でも同様のことがよくある。

お客様に『自社の強み・弱み』を答えて頂こうとしても、弱みは比較的多く答えてくれるが、強みはなかなか出てこないことが多い。私たちは自分・自社を客観的に捉えることが不得手なのかもしれない。

そうであれば、私たちは自分・自社の“強み”・“良いところ”を意識的に見つけて行くことが非常に大切なのではないだろうか?日頃から自発的にトレーニングしていかなければそういう“目”は育たないのではないだろうか?

経営は好機を自社の強みで戦うことが最も重要である。そのためにも私たちは常に自分・自社の強みを明らかにし、磨いていくことが大切なのではないだろうか?

 

今回のテレビ番組を振り返ってみると、私だけでなく多くの日本人が“強み”探しが上手でないのではないかと強く感じた。でもこれは非常に損なことであり、ビジネスシーンにとってもマイナスのことであるから、今年私は自社の『強み探し』はもちろんのこと、お客様の『強み探し』も積極的に行い、経営の役にたっていきたい!!

 栗原正幸

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

LINK

navi01 navi02 navi03 link1 link2

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873