banner

所長のぼやき 2018-10

プロ野球 クライマックスシリーズ、はじまりましたね。

野球好きの人にはたまらない時期になってきました。

ペナントレースが終わり、クライマックスシリーズでリーグ代表が決まると、いよいよシーズン優勝をかける日本シリーズです。
今年はどのチームが日本一の栄冠を手にするのでしょうか?

ペナントレースでは、セ・リーグは広島、パ・リーグは西武がいずれも大差をもってリーグ優勝を決めました。
そしてクライマックスシリーズでは、巨人の菅野投手がヤクルト相手にノーヒットノーランを達成し、大いに盛り上がっています。

しかし、昔に比べて野球の人気が本当になくなってきているのが、とても寂しく思います。

私が子供の頃(もう50年以上も前になりますが)は、夏の夜にテレビで野球を見るのが当たり前。翌朝の話題は昨日の野球のことばかりでした。

小学校の頃は、休み時間になると短い時間の中、校庭に出たり屋上に行ったりして、ゴムボールを素手で打つ野球に勤しんでいました。
別に私が野球少年だったわけではなく、みんなが野球好きだったのです。
当時は、王、長嶋が子供たちのヒーローでした。
将来何になりたい?と聞かれると「野球選手」と答える子供も多かった時代です。  今と格段の差を感じます。

しかし今は、ペナントレースでは滅多にテレビ中継もありません。
なぜこんなに野球人気が落ちてきてしまったのでしょうか?

・ Jリーグができてサッカー人気が台頭してきたこと
・ 王、長嶋のような超スーパースターがいなくなってしまったこと
・ テレビでの放映が少なくなってしまったこと。  などなど、いろいろあると思いますが、私は試合時間が長くなりすぎていることが人気低下に繋がっているのではないかと思います。

プロ野球の試合時間は3時間を超えるのが当たり前。他のスポーツに比べて圧倒的に長いと思います。  先日のウインブルドンテニスでは6時間を超える死闘が繰り広げられましたが、これは例外。サッカーやラグビー、バスケなどなど、多くはもっとスピーディです。

高校野球の試合時間は2時間くらいですが、昔はプロ野球でも午後7時に試合が始まり、9時頃に終わるのが普通でした。  テレビの放映は8時からの1時間。8時にテレビが始まると大体4回の裏。8時半の男と言われた宮田投手が救援で登板するのが八回。そして放映時間が終わる8時50分頃に試合が終わるのです。たまに試合が長引くと「スポンサーのご協力により」などと言って放映時間が延長されることもありましたが、大体9時前に試合が終わっていました。  ダラダラ長いのではなく、スピーディに内容の濃い試合が繰り広げられていました。

なぜこんなに試合時間が長くなったのかというと、カメラの性能が良くなったから、キャッチャーのサインが見えてしまい、それを読まれないようにサインを複雑にするのでサイン交換に時間がかかるからだそうです。  観客無視も甚だしい。  確かに昔はテレビのアングルはキャッチャーの後ろからでしたが、今は外野から超望遠レンズでキャッチャーのサインが丸見えです。

しかしこれをリアルタイムで試合に活用するのは、明らかに確信的な行為であり、スポーツマンシップにかける行為だと思います。  野球場に観戦に行って、その後居酒屋でその余韻を楽しむ。そのような時間がとれる。そんなスタイルが、私は望ましいと思います。

ところで話は違いますが、クライマックスシリーズっていかがなものでしょう?

1年間のペナントレースを勝ち抜いてきたチームでなく、ペナントレースが終わった後、仕切り直しで日本一を争うチームが選ばれる。  それではそれまでの一年間ってなんだったのかと思うのですが。  もっと多くのチームがあるのであれば良いかもしれませんが、たった12チームしかなく、その半分が日本一の栄冠を争う権利を持つ。

これは興行側としてはいいのでしょうが、これも野球の魅力を下げてしまう要因のように思います。

皆様は如何お思いでしょうか?

(2018/10/20)

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

LINK

navi01 navi02 navi03 link1 link2

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873