banner

山本哲郎コラム「緊急事態宣言発令!中小企業が生き延びるための施策とは」

新型コロナウイルス、世界中でその勢いが止まりません。

日本でもついに緊急事態宣言が出されてしまいましたね。
前回のこのコーナーで、新型コロナウイルスについて書きましたが、そのときは“インフルエンザとどこが違うの?程度”の意識だったのですが、今はもっともっと深刻な状態だと認識しています。
そしてこの新型コロナウイルス禍による経済への影響が深刻になっていますが、それに対して“SmallSun”が【緊急提言】を出しています。 
今日はそれを皆さまにお伝えしたいと思います。

緊急事態宣言は感染の広がりを防ぐことを最優先に、行動の自粛を要求するものであるはずなのに、中途半端というか、自粛のお願い程度のものであり、これでは何が緊急事態なのか多くの人が疑問に感じていることだと思います。
自粛を強制すると、国がそれに対する“補償をしなければならない”からなのでしょうか。
それを補償してでも自粛を要請し、まずは感染を終息させることが必用なはずなのに。

さて、この新型コロナウイルス禍によって、我が国経済は多くの影響が出はじめています。
それに対して政府は企業支援として、
(1)雇用の維持 - 雇用調整助成金の助成率引き上げ
(2)資金繰り対策 - 実質無利子・無担保の融資
(3)事業継続に困っている中小・小規模事業者等への支援 - 持続化給付金の支給
を打ち出しています。

緊急事態宣言により営業を自粛したことによる業績悪化は取り戻しが効かないことが多いはずで、無利子の融資といってもいずれは返さなければいけないのですから、その返済原資をどうするのかが問題となります。
持続化給付金は事業収入が前年同月比50%以上減少した事業者に中堅・中小企業は上限200万円、個人事業者は上限100万円の範囲内で給付とのことですが、これって月額ではないのですよね。それもいつ出るのか? 手続きは? それでは間に合わないのでは。

いずれにしても中小企業にとっては大変な苦難が予想されます。

そんな中、中小企業サポートネットワーク(SmallSun)が『永久劣後ローン』を使った経済対策を提言しています。
SmallSunは以前にもご紹介しているのでご存じの方も多いと思いますが、立教大学名誉教授の山口義行氏が主宰する中小企業経営をサポートするための組織で、経済状況を分かりやすく解説したり、全国で経営者の勉強会を開催したり、また政府などに政策提言をしたりもしています。
この度提言している“永久劣後ローン”とは、「返さなくてもいいお金」なのです。
これが実現すれば、中小企業にとっては救いの神となるでしょう。
ぜひこの提言が実現されるようにしてもらいたいものだと思います。

以下、この提言の全文を掲載したいと思います。
この提言では、最後に署名活動の欄があります。
今多くの署名を集めて政府に提言しようとしています。
よろしかったらSmallSunのWEBサイトにアクセスして、署名を行って下さい。

SmallSunのWEBサイト: https://www.smallsun.jp/

 

再度申し上げますが、下記サイトにアクセスし、署名にご協力下さい。

SmallSunのWEBサイト: https://www.smallsun.jp/

 

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873