banner

山本哲郎コラム「緊急事態宣言下に見る目標設定と達成管理」

6日の大型連休終了時までのはずであった緊急事態宣言は、予想通り(?)延長され、一部地域では解除されましたが、東京などは継続されています。1か月の行動自粛と2か月のそれでは、経済に与えるダメージは何倍、何十倍にも増加するはずです。いつまでこのような状況が続くのか?それに対する補償はどうなのか?不安は広がるばかりです。

最近のニュースや話題はコロナウイルスばかりで、そろそろ「明るい話題を!」と思っているのですが、やはりコロナウイルスのことが気になってしまいます。

先日、緊急事態宣言の期限が来て、感染者数はかなり減少してきていたのに、それでも第2波の可能性を考慮して緊急事態宣言が延長されました。
その後39県では解除されましたが、東京、大阪などでは依然緊急事態の状況が続いています。
この1か月を何とか凌ごうとがんばっていた企業も、期限延長となると更なる戦いの日々が続くことになります。
一層のこと当初からロックダウンしていれば、今頃は解除できていたのではないか、その方が経済的影響が少なくて済んだのではないかなどと考えてしまいます。

それを反映してからか、最近は企業倒産数が急激に増えており、レナウンでさえも民事再生法の申請をおこないました。

それに対し政府はいろいろな施策を講ずるように言ってはいますが、決して充分なものとは言えず、更にそのスピードの遅さには辟易します。
“今”お金が足りないのだから、1か月も2か月も先では間に合いません。緊急事態なのだから通常とはまったく違った手続きにして、ともかく早く出す。もしそれが問題であれば、後から直すくらいの感覚であって欲しいものです。
普通の企業であれば倒産してしまうほどの大赤字であるのに、給料も賞与も普通に出る(?)公務員や、まったくお金に困っていない政治家などは、一般人の危機感は持てないのでしょうかね。

さて、今回の緊急事態宣言では「人と人との接触を8割減らす」というのが数値目標として掲げられていました。
そうすれば1か月後には目に見える効果が期待でき、それが7割や6割程度にとどまると効果が出るまでに2か月や3か月という長い時間がかかるとされていました。

結果としては、それが8割減であったのか7割減であったのか分かりませんが、全面的な緊急事態宣言の解除には至らなかったわけです。
しかし諸外国に比べれば我が国は圧倒的に感染者数、死亡者数が少ないですね。緊急事態宣言の効果なのかは分かりませんが・・・。

ところで今回、目標を設定したということには一定の評価が出来ます。
目標がなければ、自分たちが何をしたら良いかが分からないからです。

そして目標を達成するためにそれぞれがそれに合った行動をすれば、きっと目標が達成できることでしょう。

目標とは、
“その目標を達成するとどのような「成果」があるのか”
を明確にし、
“どのようにして目標を達成するか(行動計画)”
を具体的に示すことが重要です。

 
そして更に重要なのが、
“計画どおりに行動したか?”
“成果が出たか?”
を測ることです。

目標の達成状況を逐次把握し、軌道修正をしながら目標達成に向かって進むことが、「成果」につながるのです。

さて、今回の緊急事態宣言においてはどうだったのでしょうか。
“人と人との接触8割減”が「目標」です。
“1か月後にほぼ終息”が目標を達成したことによる「成果」でしょう。
“どのようにして達成するのか?”については、別途10のポイントとして示されていました。

しかし、“目標の達成状況”については具体的な数値結果の発表はなかったと思います。
感染者数の発表はありましたが、ここでいう“目標の達成状況”とは「人と人との接触をどれだけ減らせたか」であり、感染者数ではありません。
感染者数は終息したかどうかを測る指標であり、それは“目標”ではなくて“目的”なのです。

目標であった“人と人との接触8割減”は、測ることが難しいのが実情でしょう。
しかし本来はこれを測定してはじめて、行動による成果と認定することが出来るのです。

達成状況が測れないような目標は、『絵に描いた餅』になること必然です。
“目標”は達成するためにあるのです。

このような目標設定は、『企業経営』においてもとても大事です。

私は、中小企業が今の厳しい経営環境の中生き延びるためには明確な目標を設定し、それを達成するために“今何をすべきか“”これから何をすべきか”を明確にし、確実に実行すること(これを目標経営と呼んでいます)が必須であると常に言っています。

企業経営においては、この目標を達成することによる収入と、それを実行するためのコストとの差額が「成果」となります。

今回のコロナウイルスに関しては、治まらなければ国民の生活に与える影響や経済的な損失ははかりしれないものがあるはずです。
経済破綻が待っているといっても過言ではないかと思います。
それを目標達成することにより回避することが出来れば、その部分が“収入”と言えるでしょう。
それに対し、目標を達成するために必要な支出が“コスト”です。
“収入”が“コスト”よりも低ければ、それが“成果”です。
目標を達成するために必要なコストとは、まさしく緊急事態を宣言し、経済活動を止めたことに対する補償に他ならないのです。
補償を減らすことにより国民の足並みが揃わず、経済活動の回復が遅れてしまえば、補償以上の損失が生ずることでしょう。
目標を達成するためのコストとして、補助金助成金をどんどん出して、早く大きな成果を出してもらいたいと思います。

これから企業活動を取り巻く環境は非常に厳しくなることが予想されます。
こんなときほど、“明確な目標を設定し”それを達成するために“今何をすべきか“”これから何をすべきか”を明確にし、確実に実行するという『目標経営』が必要なのだと思います。
ぜひ『目標経営』を取り入れ、健全な経営を行い、この厳しい経営環境の中、成長する企業になっていただきたいと思います。

2020-05 山本哲郎

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873