banner

セミナー

「スモールサンゼミ管理会計研究会ってどんなゼミ?」
これまでお問合せいただいた質問にプロデューサー・講師の山本が
お答えするQ&A方式でご紹介します!ぜひご覧ください。

スモールサン戦略財務プロデューサー

山本 哲郎

㈱アクシィ経営支援室代表取締役
山本公認会計士事務所所長。

税務・会計の専門家として中小企業および経営者を支援。事業承継に関するアドバイスを多く手掛ける。

 

 

 


【Q1】この研究会に参加すると、何を身に付けることができますか?

山本
山本
 経営に必要な自社の情報を得る力です。管理会計研究会は管理会計の手法を学ぶことにより自社の業績実態を把握し、それを活用して結果を出すことを目的としています。また、共に学んだ経営者や経理関係者との情報交流という副産物も得られます。

(▲業種や参加したいと思った理由などで自己紹介し、情報交換しやすい雰囲気づくりを心掛けています)

 

2】そもそも「管理会計」ってわかりやすく言うと何なのでしょう?

山本
山本
 企業経営をするにあたり必要な企業業績情報を入手するための会計です。予算統制、原価管理などが代表的なものですが、もっと広く言うと、企業がビジョン達成のためにすべきことを整理・計画し、その進捗状況の把握および計画の変更をも含むプロセス全体が管理会計と言ってもいいでしょう。
これからの競争の時代には自社の立ち位置を客観的に把握し、限られた経営資源を有効に活用することにより成果を出す必要です。そのために管理会計は欠くことのできない手法なのです。

 

Q3】資金繰りを改善したいですが、そういう手法を学べますか?

山本
山本
 「資金繰り改善」がテーマであれば、それに合わせた管理会計手法を選択することになります。管理会計は財務会計と違い、目的毎にやり方が変わってくるんですね。具体的には、まず資金繰り改善につながるための項目を考える。そのうち実行可能性が高く、効果が高いものを選びだす。その実行のための行動計画を立て、実行し、実現する。その一連のプロセスとなります。ぜひ自社の状況にふさわしい資金繰り改善の手法を学んでいただきたいと思います。

 

【Q4】管理会計を導入すると、経理業務に今まで以上に負担とコストがかかるのでしょうか。
    担当者は現状(財務会計)で精いっぱいだと言っています。

山本
山本
 確かに管理会計を導入することにより少なからず負担やコストがかかることでしょう。しかし必要なことであればやらなければならないのであり、今後存続し成長するためには導入が必要なのです。ただし、必要以上のレベルの管理会計の導入は無駄以外の何者でもありません。自己に見合ったレベルの管理会計導入をおこないたいものです。
また、現状の経理業務に合理化できる点はないでしょうか?十分に検討してください。会計に関連するツールの進歩により、現状業務の軽減化を図れる可能性も多くあります。それを実行し、節減できた時間を管理会計に充てることも考えられます。

 

【Q5】今までどんな業種の方が参加していますか?

山本
山本
 いろいろな業種、年齢層も様々です。多くの方にご参加いただいていますが、特定の業種に片寄っている感じはしません。役職としても創業経営者、二代目(以降)経営者、これから経営を引き継ぐ方、経営幹部など、様々な立場の方が参加されています。異業種や異なった役職の方々が一緒にディスカッションし、これが新鮮であるとのご意見も多く聞かれます。社長が参加し、その後の回に幹部・従業員が参加するという会社も多くあります。社長と従業員が共通化した言語を持ちたいということなのでしょうね。

 

6】これまでずっと黒字で売上が増えているのに昨年度急に赤字になってしまいました。
    今後のかじ取りが悩ましいです。改善策を学べますか?

山本
山本
  まずは赤字になった原因を確認することが必要です。多くの企業では、多くの利益を稼いでいる部門、商品、顧客等と利益が出ない部門、商品、顧客等が混在しています。過去・現在そして将来に、それぞれがどのような状況なのかを分析し、予測することがスタートであり、それに見合った戦略を考えることが必要でしょう。

 

7】正直なところ、数字に苦手意識があります。ついていくのがしんどそうです。

山本
山本
 数字に苦手意識を持った経営者の方は多いと思います。管理会計というと数字を扱うものというイメージを持つ方もいらっしゃいますが、管理会計は経営をするための手法です。ただし、数値化することも必要であり、その程度の係数知識は身に付けていただきたいと思います。それは会社の業績情報を読める知識であり、今後のビジョンを示すための知識です。どうでしょう、苦手意識を克服したくなりませんか?

 

【Q8】課題やテストのようなものはありますか?事業を運営しながら課題に取り組めるか心配です。(※資格学校をイメージしています)

山本
山本
 テストはありません。ただし、講義を聞くだけの勉強会でもありません。この研究会は、管理会計を使って成果を出していただくための勉強会であり、講義を聴いて知識を吸収するだけでは成果は出ないのです。ディスカッションをしていろいろ考えたり、持ち帰って課題に取り組むなどはぜひ行っていただきたいと思います。

(▲ワークに取り組み、この後ディスカッションを行いました)

 

【Q9】なぜ「研究会」なのですか?

山本
山本
 講師の講義を聞き知識を吸収するような講演会ではなく、参加者全員が管理会計を研究する会なのです。管理会計をすでに導入している方はレベルアップを目指し、これから導入しようとしている方は自社に見合った管理会計とはどのようなものか、どのように導入するかを研究する会です。講義は行いますが、それはそれらを研究するための呼び水であり、それを基に自社に有効な管理会計を考えていただきたいのです。

 

【Q10】修了後、劇的に変わった方はいますか?

山本
山本
 修了後に劇的に変わったかどうかは分かりませんが、受講したことにより意識レベルが大きく変わった方は多くいらっしゃると思います。常に経営に向きあい、気まぐれでなく、明確な情報分析と意思決定を行う。これが管理会計の目指すところであり、受講した方はそれを実践している方が多いように感じます。

 

【Q11フォローアップ研究会って何ですか?

山本
山本
 基礎編を修了した人が集まり、継続的に情報交換をするための「場」です。毎回テーマを決め、それについての事例発表やディスカッションを行い、場合によっては自社の悩を他の参加者が一緒に考え、解決の糸口を見つけるといったこともあります。管理会計は進化させることが必要です。そのためには他社の導入事例、他人の考え方などを充分に理解することが必要であり、そのための情報収集の場がフォローアップ研究会です。

 

【Q12新型コロナウィルスの影響で、売上回復のめどが立たなくなってしまいました。
先が読めず、管理会計を
今導入しても活かせるか不安です。

山本
山本
 ウイルスの流行で先が読めず、不安も多いことと思います。新型コロナウイルスの影響によっては、現在のビジネスモデルの変革が必要なこともあるかもしれません。そのためにも会社の現況をきちっと掴み、今後の予測をシミュレーションする必要があると思います。それを行うのが管理会計です。不安をお感じの方ほどお役立ていただけるはずです。

★実施の様子がわかる写真付き実施レポートもご覧いただけます。
「管理会計研究会」のページまたはスモールサン公式HPを参照ください。

管理会計研究会は2020年9月に新規開講致します。
詳細はぜひこちらをご覧ください!

先を読みにくい2020年。
こんな時代こそ、管理会計をお役立てください。
皆様のご参加をお待ちしております。

お問合せ・お申込み
スモールサン事務局》mail info@smallsun.jp / fax 03-5960-0228

2020年9月17日(木)より、スモールサン主催の勉強会
【東京管理会計研究会(基礎編)】第9期がスタートします!

※新型コロナウィルス感染予防のため開講を9月に変更いたしました。

 

┌┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■  ~管理会計研究会(基礎編)のご案内~

・会社のビジョン(将来のイメージ)を固められる
・自社の利益を生み出す源泉がわかる
・他社との議論で新たな気付きを得られる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
管理会計は、経営の成果を見える化する会計です。
そして会社の将来のあるべき姿(ビジョン)を達成するためのプロセスを明確にし、
その遂行状況をチェックするための会計です。
現在の厳しい経営環境の中で成長する企業になるために、
管理会計導入は必須なのですが、
しかし、中小企業では管理会計を導入していない会社が多いのが現実です。
経営者の方はもちろん、経営や会計に関わる方、ご興味がある方であれば
どなたでもご参加いただけます。
ディスカッションや懇親会を通して受講生同士の交流も図ることもできますので
異業種の方との貴重なネットワーク形成にもご活用ください。
また、お知り合いの方で管理会計に興味がある方がいらっしゃいましたら
ぜひ、ご紹介ください。
───────────────────────────────────
開催概要
───────────────────────────────────
毎回講義及びワーク、またはディスカッションを行う形で
全10回の勉強会を実施します。
▼日時
第1回 9月17日(木) 「中小企業に求められる管理会計」
第2回 10月15日(木) 「決算書を読む①財務会計の視点」
第3回 11月19日(木)「決算書を読む②管理会計の視点」
第4回 12月17日(木) 「経営理念の確立」
第5回 1月21日(木)「SWOT分析の手法」
第6回 2月18日(木 「戦略策定の手法」
第7回3月18日(木) 「中期ビジョン、課題抽出」
第8回 4月22日(木) 「中期五ヵ年計画の策定(数値計画)」
第9回 5月20日(木) 「中期五ヵ年計画の策定(数値計画・行動計画)」
第10回 6月17日(木) 「ビジョン実現のためのロードマップ」
各回18時00分~20時30分(ゼミ終了後に懇親会有り)

▼担当プロデューサー
スモールサン戦略財務プロデューサー 山本 哲郎

▼場所
株式会社アクシィ経営支援室 セミナールーム(市ヶ谷)
JR「市ヶ谷」駅より徒歩8分/東京メトロ各線「市ヶ谷」A3出口より徒歩5分
※変更になる場合がございます。

▼申込み・問い合わせ
件名を「ゼミ東京管理会計研究会(基礎編)第9期参加申し込み」として、
以下の必要事項をご明記の上、スモールサン事務局(info@smallsun.jp)までメールにてご連絡ください。

▼参加費
スモールサン会員110,000円(税込)
●1社で複数名ご参加の場合は、お2人目より半額でご参加いただけます。
●スモールサン会員登録(年会費 26,400 円/税込)が必要です。
スモールサンは株式会社中小企業サポートネットワークが運営する会員制
(会員数約1600名)の組織です。
立教大学山口義行名誉教授をはじめとして中小企業支援の専門家がネットワークを
組み、経済・経営情報の配信、全国各地での中小企業経営者のための勉強会(ゼミ)
開催支援、セミナーなどの活動をしています。
https://www.smallsun.jp/

 

▼カリキュラム等詳細

▼これまでの開催の様子はこちらからご覧いただけます
管理会計研究会開催レポート

 

 

▼受講者アンケート(2019年受講者の声を一部ご紹介します)

 

※ご本人に許可を得て掲載しております

【申込み・問い合わせ 】
件名を「ゼミ東京管理会計研究会(基礎編)第9期参加申し込み」として、
以下の必要事項をご明記の上、スモールサン事務局(info@smallsun.jp)までメールにてご連絡ください。

2019年2月5日(水)スモールサン・アクシィ経営支援室共催
「スモールサンゼミ管理会計研究 フォローアップ研究会」2019年度の
最終回を開催しました。
今回初めて、フォローアップ研究会参加者のみならず、
これまでの基礎編・実践編受講者ならどなたでもご参加いただけることに!

昨年に引き続き、山口先生をお迎えしての座談会形です。
参加の皆様から事前にいただいた質問表に基づきマクロの経済社会情勢から
各会社が直面している人材採用や人材育成など多岐にわたるお話をいただきました。

新型ウイルスを扇動的にとらえる報道姿勢やそれに煽られる国民の行動姿勢については、
先生のおっしゃる論理的解釈によればもう少し冷静に行動できるのではないかと学びました。
また、国際関係が排他的傾向にあることについても世の中の雰囲気に流されず
一人の人間としてどうあるべきか考えさせられました。
仕事や生活において接する機会が増えてきた外国人との向き合い方も歴史的な繋がりや
未来志向の長期的な視野に基づいて考えていきたいですね。

各会社で直面している人の採用育成定着問題も参加者共通の関心事でした。
先生からは外国人雇用や障害者雇用の意義や社員の行動目標を定めることの
大切さを教わりました。

参加者から企業PR動画で人材採用や販路の開拓に繋がった成功事例をご紹介いただきましたが、
そのきっかけは昨年のフォローアップ研究会で山口先生に作っていただいたのだそうです!

懇親会も盛り上がり、熱心に情報交換をなさる皆様。
初参加の方からは次年度のフォローアップ研究会申し込み表明もいただきました。

ともに学び、志気を高める仲間が増えることをとても嬉しく思います。

「スモールサンゼミ管理会計研究会 基礎編」を修了された方におかれましては
フォローアップ研究会にいつからでもご参加いただけます。

2020年度は6月に開講します。(※2020.3.18追記)

基礎編で学んだものの自社における導入・実践に課題があるとお悩みの方、
意欲的な経営者や経理担当者の集う勉強会に参加したいとお考えの方など、

ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしております。

《お問合せ先》
スモールサン事務局 info@smallsun.jp
件名を「管理会計フォローアップ研究会」としご連絡ください。

11/20(水)、スモールサンゼミ管理会計研究会東京・基礎編8期(第8回)を開催しました。
今回は中期5か年計画、中でも「売上計画」がテーマ。
派生して事業承継についても盛り上がりました!

「計画が「絵に描いた餅」にならないよう、単に数字づくりをするのではなく、
達成するプロセスをいかに明確にするかが重要」
講師からのメッセージを受け、受講生からはこんな声が上がりました。

「事業承継の時期が迫っているにも関わらず現代表への依存から脱却できていないという切実な課題がある。ワークを通して自分自身の役割が見えてきた。自覚が生まれた 」

「売上を『分類すること』『比較すること』で自社の強み弱みが見えてきた。
これまで曖昧にしてきた売上計画をより具体的にしてゆきたい。」

「社長が常日頃言っていることの意味を感じることができた」

「直近の課題は幹部同士で話し合えているが、5年先といった中長期的な視点では話し合えていなかった。厳しい経営環境なのでどうしても目先のことに追われてしまうが、明るい未来をイメージした売上計画を考えることで気持ちを切り替えて社内の雰囲気を良くしていきたい」

「会社は昔に比べて改善はしているが、将来展望を社員に示せていない。
管理会計研究会の学びによって自分自身の勉強不足を実感できたのでこれからも学び続けて、
新しい時代に対応した今までとは違った経営をしてゆきたい

その後の懇親会では、事業承継の話題の掘り下げも。
前代表に対する感謝の気持ちや今後の事業承継に対するそれぞれの考え方を
シェアしていただき、大変盛り上がりました!

来月も学び気づきが多い場になるよう祈念いたします。

第8期は1月、2月と続きます。
より実りある時間に出来るよう、次回の準備を進めています!

また、基礎編を修了した方は、2020年2月5日(水)のフォローアップ研究会特別イベントにもご参加いただけます。
(特別講師:立教大学名誉教授 山口義行氏)
ぜひご参加下さい!

管理会計研究会東京・基礎編は来年4月から新期も開講します。
ご興味がおありの方はぜひお問い合わせ下さい。

問い合わせ先:info@axy-net.jp
【管理会計研究会基礎編の件で】とご記載下さい。

スモールサンゼミ管理会計研究会・基礎編、第8期。
第7回のテーマは「中期ビジョン・課題抽出」。
10/16の開催レポートをお届けします!

今回は、ご自身の5年後10年後や会社の5年後を考える回でした。

ワークシートには項目に沿って10年後の自分の年齢も書き込みます。
常日頃、将来について考えているにも関わらず、
自らの手で表すと急に現実味を帯びると評判のワーク。

ご感想をお尋ねしてみると、
「紙面に落とし込むこむことで、具体化できていない事柄に気づけた」との事でした。

会社の未来を明るいものにするためにすべきことは何か。
普段はあれもこれもとこまごま思い付く一方、その多さで靄がかかり、忘れていく数もまた多いもの。
また、近くはよく見えるけれども遠くはなかなか見えにくいという方も多いのではないでしょうか。


この日、ビジョンを少しずつ具体化していく過程で
受講者の皆様の課題があらわになっていきました。

ある社長は、「後継者を作る準備が全くできていない・・・」。
社長を支える役割の方は「社長あってのビジネスモデルから脱却できていない」。

それぞれの立ち位置から気づきがあったようです。
———————————————
次回・第8回は11/20(水)!

●テーマ●
「中期5カ年計画の策定(数値計画)」
●講義内容●
≪講義≫
・中期計画策定の方法
・売上分類のしかた

≪ワーク≫
・売上計画策定 
前回作成した「会社の5年後のイメージ」シートを基に、5年間の売上計画を策定します。
5年後の会社のイメージを明確にし、できればそれを実現するために各年に何をするかを考えることが
次回までの宿題として出ています。

***
管理会計研究会(基礎編)も残すところあと3回。
最終回はまとめ講義と各人の発表ですので、
実質的に勉強するのは今回を含めあと2回です!

次回レポートもどうぞお楽しみに!

いよいよ後半!
スモールサンゼミ管理会計研究会・基礎編、第8期。
第6回のテーマは「戦略策定の手法」。
9/18の開催レポートをお届けします!

9/18の第6回は、前回(第5回)のSWOT分析の結果に基づき、例題のイタリアンレストランについての戦略を考えました。
グループ毎にそれぞれ違った将来像を描き、それを達成するための戦略が策定されました。

「戦略戦術の沼にはまってしまい難しかった」という感想もありましたが、
資金繰り事業承継にまで考えが至ったチームもありました。
同じテーマでもチームによって、あるいはチーム内でも考え方や価値観の違いが明るみになり、
他の受講者との違いを知れたことは有意義だったようです。

「戦術に囚われず、会社の目的(本質的なところ)を見失わないように、
目的と戦略戦術の関係性を考えるきっかけにしていただけたら…」
講師・スモールサン戦略財務プロデューサー山本からの締めくくりでした。

ぜひ、ご自身の会社でもチャレンジしてみていただきたいと思います!

なお、実は、前回参加できなかった方には特別補講を行いましたが、
ありがたかったとの感謝のお言葉をいただきました。

次回も多くのご参加を楽しみにしております。

———————————————
次回第7回のテーマは「中期ビジョン・課題抽出」。
いよいよ管理会計研究会(基礎編)も終盤に!
これからはそれぞれ自社について考えてゆきます。

≪講義≫
・経営のP-D-C-A

≪ワーク≫
・5年後の自社をイメージする
・中期ビジョン達成のための課題抽出

これからの経営において、中期ビジョンを明確にすることは大変重要です。
それを明らかにした上で、「今、何をすべきか?」「これから何をすべきか?」を考え、実行しなければなりません。
第7回は中期ビジョンを明確にし、それを達成するための課題を抽出していきます。

次回レポートもどうぞお楽しみに!

4月からスタートしたスモールサンゼミ管理会計研究会・基礎編、第8期。
第6回、9/18のテーマは「戦略策定の手法」
開催レポートをお届けします!

第6回は、前回(第5回)のSWOT分析の結果に基づき、
例題のイタリアンレストランについての戦略を考えました。
グループ毎にそれぞれ違った将来像を描き、それを達成するための戦略が策定されました。

「戦略戦術の沼にはまってしまい難しかった」という感想もありましたが、
資金繰り事業承継にまで考えが至ったチームもありました。
同じテーマでもチームによって、あるいはチーム内でも考え方や価値観の違いが明るみになり、
他の受講者との違いを知れたことは有意義だったようです。

「戦術に囚われず、会社の目的(本質的なところ)を見失わないように、
目的と戦略戦術の関係性を考えるきっかけにしていただけたら…」
講師・スモールサン戦略財務プロデューサー山本からの締めくくりでした。

ぜひ、ご自身の会社でもチャレンジしてみていただきたいと思います!

なお、実は、前回参加できなかった方には特別補講を行いましたが、
ありがたかったとの感謝のお言葉をいただきました。

次回も多くのご参加を楽しみにしております。

———————————————
次回第7回のテーマは「中期ビジョン・課題抽出」。
いよいよ管理会計研究会(基礎編)も終盤に!
これからはそれぞれ自社について考えてゆきます。

≪講義≫
・経営のP-D-C-A

≪ワーク≫
・5年後の自社をイメージする
・中期ビジョン達成のための課題抽出

これからの経営において、中期ビジョンを明確にすることは大変重要です。
それを明らかにした上で、「今、何をすべきか?」「これから何をすべきか?」を考え、実行しなければなりません。
第7回は中期ビジョンを明確にし、それを達成するための課題を抽出していきます。

次回レポートもどうぞお楽しみに!

過去の開催報告はこちらから

4月からスタートしたスモールサンゼミ管理会計研究会・基礎編、第8期。
第5回のテーマは「SWOT分析の手法」!
開催レポートをお届けします。

SWOT分析は、会社の現状分析および今後の戦略を立てる上で有用な分析手法です。
管理会計研究会(基礎編)第5回では、参加者全員がイタリアンレストランの経営者になったつもりで、仮説例に基づきグループごとにSWOT分析を体験しました。

SWOT分析では、
外部環境である「機会」「脅威」、
内部環境である「強み」「弱み」を抽出し、分析します。

まずは例題のブレインストーミングででてきた32項目の事象を「機会」「脅威」「強み」「弱み」に分け、それらを関連づけてクロス分析を行った上で課題抽出を行いました。

今回は欠席者がいたので2グループとなりました(後日補講を行い1グループ追加になりました)が、グループごとに協議して、楽しくイタリアンレストランの将来像を考えました。
それぞれ違った形のビジョンが形成されそうです。

次回は今回抽出した経営課題を解決するための戦略を考えます。
どのような戦略の元、どのような将来が形成されるのか、とても楽しみです。

———————————————
次回第6回のテーマは「戦略策定の手法」。
■戦略と戦術
■商品戦略と市場戦略

第5回のクロス分析をもとに仮説例の戦略を策定し、課題を抽出します。

 

過去の開催報告はこちらから

2019年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられると同時に「消費税軽減税率制度」が導入されます。
また、今回の改正は4年後の「インボイス制度」の導入が前提となっています。
この制度改正により、全ての事業者において経理処理の事務作業など新たな負担の増加が予想され、事業を円滑に行うために、今から計画的に対応策を準備する必要があります。
本セミナーでは軽減税率導入によりどう変わるのか? 帳簿や請求書の記載方法などの変更点及び対応等をわかりやすく解説いたします。

対象 経営者・経理担当者
講師 山本 哲郎
株式会社アクシィ経営支援室 代表取締役社長
公認会計士・税理士
日時 2019年7月18日(木)15:30~17:00
場所 アクシィ経営支援室5階セミナールーム
参加費 アクシィ優待価格3,000円(一般5,000円)/税込
お問い合わせ info@axy-net.jp

会社名 (必須)

お名前 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

セミナーを知ったきっかけ (必須)
メールマガジンアクシィ通信担当者からの紹介ホームページその他

備考(同行者の方がいらっしゃる場合はご記入お願いします)

会社のビジョンや経営計画を作り上げても、社員が総力を発揮してくれなければ期待する効果を得ることはできません。
「会社が目指す方向に対して、どうすれば社員のやる気を引き出すことができるのか?」
本セミナーではこの問いへの対応方法を解説します。
会社の業種や規模に応じた対応方法に関して、長年のコンサルティング実績に裏付けされたノウハウをご紹介します。

対象 経営層・人事部門の方
講師 株式会社日本経営支援センター 代表取締役  萩原正英氏
日時 2019年6月10日(月)17:00~18:30
場所 アクシィ経営支援室5階セミナールーム
参加費 アクシィ優待価格3,000円(一般5,000円)/税込
お問い合わせ info@axy-net.jp

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873