banner

2018年 7月

論語に学ぶ⑧~論語メドレー~

 

今年は、桜の開花から季節がずれたようで、梅雨入り、梅雨明けも例年より早く、7月早々から猛暑が振るっておりますが、今回も論語です。ご興味があれば、お付き合いください。

論語に学ぶシリーズ今回はメドレー形式でお送りします。

それではどうぞ!!

 

 

論語に学ぶ⑧~論語メドレー~

①    老者はこれを安し、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐けん

訳→年長者には安心してもらえるように、友人には信じられるように、
年少者には慕われるようになる事である。

これは、孔子が弟子から成りたい人物像はどういう人物か?
という質問に対しての返答です。・・・なんかすごくいいひとっぽいですね。
(皆様もなりたい人物像を思い浮かべながら読み進めてください。)

しかし、こんな言葉も残しているようです。

②    郷原(きょうげん)は徳の賊(ぞく)なり

訳→誰からも善人とされるような人間は
徳の本質を理解していない賊である。

誰からも良く言われるような人(良く思われたがっている人)は
八方美人でしかないという事でしょうかね。
では、なぜいい人と思われてはいけないのか?

三曲目???行ってみましょう!!

③    君子は和して同せず、小人は同して和せず。

訳→立派な人は他者と調和し上手くやっていくが、
決して他者に引きずられたり流されたりしない。
つまらない人は、他者に振り回されたりこびへつらっても、
決して他者と調和しようとはしない。

自分の意見をただ押し通そうとすれば、単なるわがままですが、
意見の無い、いい人集団では烏合の衆となりかねません。
自分の意見(目的・目標さらには信念)をしっかりと持ったうえで、
行動したいものです。

とは、言っても意見を持てば衝突が起きるのも世の常です。

原因の一つはこんな感じではないですか?

④    異端を攻(おさ)むるは斯(こ)れ害あるのみ。

訳→自分と異なる考えを持つ人を攻撃しても、
害があるばかりだ

自分と違う意見を持つ人こそ成長の糧となる存在ともいえます。
しかし協力を得るための説得ではなく、
意見の違う者にただただ執着することは、目的が変わっているように思いませんか?
逆に、意見の違う相手がこちらに対して邪魔ばかりしてくるようであれば、
それこそ害でしかありません。
どんなに立派な理念でも、どんなに理想的なビジョンでも、
目的が変わってしまっては、寄り道ばかりで可哀そうですよね。
そして、だからこそこちらは、目的に対してしっかりとした意志を持つことが必要だといえます。

今回は論語をメドレー形式でお送りしました。論語は単なる格言集ではなく、
他の言葉と合わせて考えてみても面白いですよ。

しばらく続いた論語に学ぶシリーズ今回で最終回とさせていただきます。
機会があればまた、お付き合いください。

 

メドレー形式でお送りしましたのでアンコール?で、もう一曲??です。

⑤    三人行けば必ず我が師あり

訳→三人いれば必ず他者を自分の手本とできる

自分の他に二人いれば、良いところはマネをし、
悪いところは反面教師として自らを正すことができるということなのですが、
今回のテーマに沿わせると・・・。

実力以上の虚栄心を捨て、真摯に他者の意見に耳を傾け、自ら判断するからこそ、
和して同せず、異端を攻めることもなくなる。
自分以外の者からも学ぼうという姿勢が目的を見失わない秘訣かもしれませんね。

それでは、ありがとうございました。

 

                         長谷部知行

例年よりかなり早い梅雨明けとなり、連日猛暑日・熱帯夜が続いております。

皆様体調等はいかがでしょうか。

 

初めまして。この度6月から入社させて頂きました、田村と申します。

この場をお借りして簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

趣味:野球観戦

巨人推しです。最近は成績が振るわないことが多いですが懸命にプレーする

姿にはいつも勇気付けられています。

そろそろ甲子園も始まりますので、今からとても楽しみにしております。

 

音楽鑑賞

通勤中や軽い移動でも音楽はかかせません。

今年はすでに7本ライブに行っており今後も増える予定です。

 

特技:卓球

小学生の頃から卓球部に所属しており、地元の青年団にも所属しておりました。

上京してから本格的に卓球を出来ていないのでそろそろなにか始めたいと

思っておりますが、なかなか行動に移せないのが現状です。

 

かなり簡単な自己紹介でしたが、ご拝見ありがとうございました。

まだまだ至らぬ点ばかりですが、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

会社の明るい未来を描くには!

「会社の将来の姿」描けていますか?

会社の将来の姿を想い描くことは、経営者にとってとても大事なことなのですが、「なかなか明るい未来を描けない」という方も多いのではないでしょうか。

先日行われた管理会計フォローアップ研究会で、会社の将来を予測する上で効果的と思われる方法が紹介されたので、今月はそれをお話ししたいと思います。

 

私が提唱している『目標経営』は、経営者が将来の会社の姿を明確に描き、それを達成するために“今何をするか”“これから何をするか”を具体化し、実行するというものですが、将来の姿をなかなか描けないという経営者の方も多くいるのが現実です。

“会社の将来の姿”、それはまさしく“経営者の想い”であり、それは明るい未来を示すものでなくてはなりません。
なぜならば、その“想い”は従業員と共有して達成するもので、それが明るくなくては誰も共有したくないからです。

しかし、昨今のような厳しい経営環境の中、“明るい未来”を描くことはそう簡単なことではありません。
どのようにしたら“明るい未来”を描くことができるのでしょうか?

先日行われた「管理会計フォローアップ研究会」では、講師に(株)日本経営支援センターの萩原正英氏をお招きし、「商品戦略~売れる商品・サービスとは~」というテーマで行われました。

その中で萩原氏は、会社の将来を考える上で、「まず10倍の売上を想定しなさい」と言います。
会社の将来を予測する上で、多くの人は「現状の何パーセント増し」のように考えることが多いそうです。過去の実績を踏まえて考えれば、それが精一杯なのかもしれません。
しかし、あえて「10倍の売上を想定しろ」と言うのです。
そして、それを実現するためのありとあらゆる方法を考えます。
その後、そこで出てきた方法のうち、出来ないものを排除していくというのです。

現状の何パーセント増しというやり方だと、多くても2~3割増しであることが多いのですが、この“10倍法”だと、なんか出来るような気がしてきて、結果として2~3倍になるのだそうです。

「将来を描きそれを達成するための方法を考える」。
この思考法だと“不可能”と思えることが“可能”になるのです。

私どもで行っている「管理会計研究会」では、将来の“ビジョン”を掲げることが経営にとってもっとも大事だと言い続けています。
過去の状況を見て将来を予測する“分析予測型”から、将来の目標を定め、それを達成するための行動を計画する“将来予測型”に経営の手法が変化しているのです。

かつての高度成長期のような右肩上がりの時代は「分析予測型」でよかったのですが、今は「将来予測型」でなくては経営できない時代になっているのです。

そのように経営環境が変わっているのです。

そして、将来のビジョンを考える上で、この10倍法はとても効果的な方法だと思います。
皆さんもぜひ実践してみてください。

 (山本哲郎)

【おまけ】
先日、富山での管理会計研究会(基礎編)全10回が終了しました。
受講者の感想をいただいておりますので、記載させていただきます。
皆様もよろしければ次回の管理会計研究会をご検討ください。

 弊社では、将来のビジョン、中期計画(5年)、会社方針にもとづき、各部門毎に、数値計画、行動計画をたて、今期も7月1日からこれまでの品質重点から、今期は収益を重点に活動を開始しました。
これを進めるに際し、財務会計からの視点も大切ですが、いざ、経営課題解決に向けては、管理会計からの視点、考え方が重要だと気付かさせて頂きました。
又、これにより、当社がまだ至っていないこと、自分が更に全然至っていないことにも気付き、自分にとっては、気付きの場、気付けれる会になりました。当研究会への感想は「勉強の会」ではあるものの「気付きの会」という印象も強いです。
又、当研究会を通し御参画経営者の皆様のお考えや経営課題をオープンな雰囲気でお話頂き、それを拝聴させて頂き、これを研究会参画者が共有し合い、一緒に考えれる貴重な会だったと  思います。  今後、管理会計の考え方、参画企業の経営者様からお話頂いたことも参考にし、決めたら決めた事を信じて、今後、実行していこうと思います。  これを背中から押して頂いた様な会になりました。
 (製造業 生産技術部部長)
感想は一言で言うと受講して良かったです。  今回幹部のみの受講を予定していましたが、一緒に参加して会社のビジョンを考えれた事また自社の財務会計のみの分析指標だけの判断や経営計画の具体化などとにかくいろいろ課題が明確になりました。
私はつなぐ立場として社内を巻き込んで活かしていく事が使命なので気づいた事を実践あるのみです。
しかし進め方がまだまだ問題があるので今後またフォロー研修などは参加していけたらと思います。
まずは社内での幹部塾で振り返りをしていきます。
 (電気工事業 取締役副社長)
管理会計という言葉を知っているだけだった私が、今回の研究会に参加させていただき、本当に良かったと思います。
経営者の思いや考えを明確にし、それを具体的な計画にして社員と共に進めていく。さらには、経過確認もやっていく。
そのために必要な手法が管理会計(経営のための会計)であるということがわかりました。
課題をしっかりと作り直して自社の計画づくりに活用させていきます。
  (メンテナンス・サービス業 代表取締役)
・体系的に管理会計の基礎を学ぶためのテキストがわかりやすい
・実例と共に説明してくださるので腑に落ちる
・自分達の足りないところに気づき、心改めるきっかけとなる
・右手にそろばんを、左手に夢をもってこそ現実化できるとわかる
・同僚とワークシートを作成することにより関係性が深まる
・基本を学んだら、自社仕様にして実践したくなる
・ぜひ研究会に参加したい
 (建設コンサル業 代表取締役)
当初、管理会計とお聞きし、私自身正直、苦手分野でした。
しかし、自社の数字をもとに、現状分析や今後のビジョンを考えていく中で、現実的な数字を当てはめて考えることにより、理解し易かったですし、その結果を踏まえ、今後幹部社員としてどうしていくべきかという使命を感じ、具体的にやらなければいけない事も明確になった気がします。
また、異業種の経営者や幹部社員の方々との意見交換も私にとって良い経験になりました。
今回学んだ事を今後どう活用・実践するかがポイントになります。
学んだ事から自社の経営資産を有効に活用し、会社の目的を達成していきます。
学ばせて頂きありがとうございました。
   (卸売業 取締役総務部長)
今回の管理会計を学ぶ事・触れる事によって客観的な視点が生まれた感じがいたしました。
どうしても現場サイドからの視点になってしまう中、経営者の意思決定・思い・構想など、 その立場には立つことができないにしても、気持ちや視点が少しは立つことが出来ました。
ビジョンと目標数値とのリンクがどうしても理解できずにいましたので、その糸口にもなり、また、根拠のある数値管理が絶対的に必要であることも学ばせていただきました。
学んだ事を勉強としてだけではなく、実践に結び付けて会社の取組み・見える化としていきます。
 (電気工事業 工事部部長)

ご感想をお寄せいただいた参加者の皆様、ご協力いただきありがとうございました。

中小企業の成長・発展には金融機関と上手につき合うことが不可欠です。
そのためには金融機関が支援したくなる会社になることが重要です。
7月のAXYセミナーでは、日本政策金融公庫から講師をお迎えし、
金融機関を味方につけるための上手なつきあい方を、3部構成で徹底的に引き出します。
金融機関とのおつきあいがうまくできていない方、
これから融資をお考えの方、創業をお考えの方等々、ぜひご参加ください。

【当日の様子】

 

 

 

 

 

 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

LINK

navi01 navi02 navi03 link1 link2

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873