banner

ブログ

こんにちは。

田口です。

どんどんと冬の気配がやってきましたね。
そろそろ毛布を引っ張り出してこようと思っています。

さて、今回は
「AI」についてお話したいと思います。

 

先日、社内で研修がありました。

テーマは
「10年後、会計業界はどうなっているのか?」というもので
ディスカッションを行いました。

そこで一番話題となったのが「AI-人工知能-」でした。

そこで思い出したのが、
アメリカのオックスフォード大学の有名な論文。
「消える職業」・「なくなる仕事」に
「税務申告書代行者」「簿記・会計・調査の事務員」が入っているのです。

現代ビジネス記事

その原因はやはり「AI」であるということ。

ほぼ半分の仕事が自動化となる社会になる・・

AIについては恐ろしいイメージしかわきませんが、
それでも私達にできる仕事はあるのでしょうか。

機械が苦手なことについて調べてみると・・

【機械が苦手なこと】

・柔らかな発想のある論理的な思考
・初めてのことにも対応できる、臨機応変な問題解決能力
・共同作業し、欲することを読みとり統括し、新しいことを生み出す力
・知識やデータを、人との関わりやコミュニケーションで生かす術
(出典:PRESIDENT Online)

 

クリエイティブな事だったり、人やサービスをコーディネートする仕事だったり、人の心と関わる仕事だったり。

 

なんとなく思ったのは、「作業」をロボットにまかせることによって
人間同士の交流が増えて、お互いの知恵を共有しあったり、アイディアがどんどん生まれていくのではないか、というもの。

ロボットによって「人間らしさ」を見出していけるのでは、なんて思いました。

 

弊社の山本は「AIを避けるのではなく、活用できるような事務所にしよう」と言っていました。

もっとお客様の悩みに対して、解決できる方法をたくさんお手伝いできるように
AIとともに頑張っていこうと思いました。

(ペッパー君が事務所にいると和みますかね)

 

10年後、日本がどうなるのかどきどきしますが、
ポジティブに考えていこうと思いました。

 

 

  山口ゼミの見学をしてきました。

先日、立教大学経済学部山口ゼミの見学をしてきました。
山口ゼミは、山口義行名誉教授が主宰するゼミで、山口教授が今年3月に退官したこともあり、今年が最後の年度となります。
山口ゼミでは毎年、研究成果を論文集として発刊しており、私が参加している勉強会がその援助をしている関係もあり、今回の見学が実現しました。

私の大学時代は、ゼミにも入らず、卒論もなく(経済学部は卒論がありませんでした)、更に学生紛争の名残りで卒業試験も中止されレポート提出で済ませたという状況だったので、あまり勉強したという記憶がありません(勉強はしたのでしょうが、もう昔のことなのですっかり忘れてしまいました)。

だから、今どきの大学生ってどんな勉強をしているのかな?ゼミってどんな形でやるのかな?と、とても興味を抱いて参加しました。

 今年の山口ゼミでは、米国経済班、日本経済班、欧州経済班の3つの班に分かれて研究を行っており、今回は日本経済班が3月に発刊する論文の途中経過を発表し、他の班のメンバーが意見をいい合うという形で進められました。

今年の日本経済班の論文テーマは「待機児童解消に求められる保育士の確保~見直すべき政府の保育への姿勢~」です。

たまたま、うちの会社の従業員で現在育児休暇を取っていて、保育所に入れて仕事に復帰したいのに空きがなくて待機している者がいるので、先日ゼミ生に紹介し、会って話したと聞いていたので、余計にどのような出来栄えなのか気になっていました。

論文では、保育所の供給不足により待機児童数が増加しており、その要因として保育士が不足している。保育士を増やすためには待遇を良くしなければならないのだが、給与水準は低く、それに対する政府の保育支出方針の見直しが必要である。 というような形で論じています。

良く調べ、良く書けていたように思ったのですが、今回のゼミでは、他の班の人たちが、どんどんダメ出しをしてくるのです。 事前に論文案が配られていたので、みんなよく読み込み、意見を言い合い、それに対して反論し、またそれに対して反論を繰り返す。
今どきの学生ってプラプラしているのかな?って思っていたのですが、全然違っていて、びっくりしました。

もちろん、学生なので、まだまだ見る目が狭く、私が指摘するところもあったのですが、今回、ゼミの見学をして、意見まで言わせていただく機会をもらい、本当に良かったと思います。
その後の学生達との食事会もあり、とても有意義な時を過ごさせてもらいました。

 ところで、待機児童問題、出生率を上げる上でも早く解決したいものですね。
そのためには、保育所を増やすことも必要ですが、家庭のあり方も考えるべきだと思います。
昔は大家族で、子供は家族みんなで育てていたものです。 そのような環境であれば、母親も気を抜く時間ができ、何よりも子供が寂しい思いをしなくていいのです。
できるのであれば、他人に委ねるよりも家族の中で過ごした方がいいのではないのでしょうか。 これが長い間培われた日本の文化だと思います。
また大家族ならば、介護の問題にも良い影響が出てくるでしょう。

いつからか核家族がもてはやされてきましたが、今一度、日本の文化を見直し、それに対して補助するなどのことも一考すべきだと思うのですが。

(山本哲郎)

こんにちは アクシィ経営支援室・リソースバンク部門です。
あっという間に寒くなった今日この頃、周りに風邪を引いていらっしゃる方も増えてきました。
10月でクールビズが終わったのにもうダウンを着ている方もちらほら見受けられます。
季節の変わり目は体調も崩しやすいので早めの対処を心がけたいです。

年もあとひと月ちょっとになりましたが10カ月半を過ぎ、何があったかなと振り返ってみました。

その中で大きな出来事といえば「安心」を買った!事です。

「安心」って何かというと具体的には車を買ったのです。

もともと父親の車で旧い車種で、今時の「ぶつからない車」ではありませんでした。

所有者本人も高齢になり運転も危なっかしく思えるのですが、やはりまだまだ運転したい! 運転には自信がある! と言って免許の返納を拒みます。

昨今、高齢者ドライバー事故のニュースが多く心配なのですが、無理矢理返納させると本人を傷つけてしまう恐れがありどうしたものかと悩み、とりあえずモノで解決しようと思ったのです。

自分で車を購入するのは初めて!

仕事柄、お客様の経理を見ていて車って高いなぁ~とは思っていたのですが、あまり気に留めていませんでした。

しかし、いざ自分が購入となると細かいオプションまで気にしてしまいます。

もともと安全な車が基本でしたので車種のこだわりは無く、父親の希望も取り入れながら営業と交渉!

ようやくの新車購入となりました。

 

父親の意識が変わるか心配でしたが、所有者が変わった事と機械を過信しないようにと言い含めた結果、安全運転への意識が高まった様です。

そして最近、事故を起こした時の対処としてドライブレコーダーをつけたいと言い出し、フロントガラスに小さい画面がつきました。

そのせいか警報音がしょっちゅう鳴るようになり「うるさいな~」と思う反面、自分でも注意して運転するようになったと思います。

 

これからも「安全運転」に気をつけてくれれば「安心」して運転をまかせられるかと思います。

もちろん自分も気をつけて!

長きに渡り連載してきた目標経営教室もいよいよ最終回とさせていただきます。
今まで27回に渡り、私どもアクシィ経営支援室が提唱する『目標経営』について解説させていただきました。
中小企業を巡る環境は、“高度成長”→“安定成長”→“低成長”の時代を経て、世界のどの国も経験したことのない「急激な人口減少」の時代に突入しています。  日本人を対象とした市場は縮小し、日本人労働者も大きく減少します。  企業は「成長戦略」として“海外市場への進出”もしくは“国内での外国人市場の拡大”を指向し、また、“外国人労働者を雇用し生産性を上げる”方法を作り出す必要があります。
このような時代には、“真の経営”=『目標経営』を実践することが必要です。  最終回は、『目標経営』の全体像を復習したいと思います。

 

『経営』とは何か?  私たちは、経営とは、“経営資源を有効に活用し、会社の目的を達成すること”と定義づけています。
“経営資源”とは「人」「物」「金」「情報」をいうのですが、これらが十分に満たされている中小企業はまずありません。限られた経営資源を「有効に活用」することが重要です。
それでは“会社の目的”とは何でしょうか?
私たちは会社の目的は“経営者の想い”であると考えています。  “経営者の想い”を、“経営資源を有効に活用して達成する”こと、これが『経営』なのです。

“経営者の想い”とは、「将来どんな会社にしたいか?」ということです。しかし、その“経営者の想い”自体が必ずしも明確に示されていないことが多く見受けられます。
「経営者自身は明確な“想い”を持っているのに、それが明確に示されていないために周りの人たちが理解していない」という場合もありますが、「経営者自身が明確な“想い”を持っていない」ということも良く目にします。
確かにこの混沌とした経営環境の中、“想い”を明確に示せないこともあるでしょう。しかし、「明確な“想い”を持つ」ことが『目標経営』のスタートです。

さて、経営者の“想い”は、究極的には会社の目的をであり、これは「経営理念」に示されたものです。経営理念は、その企業の価値観であり、目指す目的なのです。

この目的を確実に達成するためには、目的達成のための通過点である『目標(ビジョン)』を“想い”として表現することも必要となります。例えば5年後の会社のイメージを具体化し、目標とするのです。
そして、その“目標”を達成するための「行動計画(戦略・戦術)」をたて、それを実行したことによる結果を予測し、数値化して「数値計画」に落とすのです。
「行動計画」を立てる上で重要なことは、将来を考えるのですから、経営を取り巻く環境がこれからどのように変わるかを「予測」することです。
経営を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。その環境に順応できるかが成長につながるといっても過言ではないでしょう。そして環境に順応するためには、自社の“強み”がどこにあり、“弱み”が何なのか?を分析し、環境変化に合わせて自己が変わってゆくことが必要なのです。
そのための分析方法の一つとしてSWOT分析を紹介しました。
また数値計画は、数年間の年度毎の目標数値を示した“中期経営計画”を立て、そのうちの一年を月次の目標数値に落とした“単年度経営計画”を策定します。

更に行動計画は、5W2Hに落とし込んで“アクションプラン”を作成します。“アクションプラン”はできれば各人別に週単位に落とし込みたいものです。それにより「実行」するための明確に行動指針となるからです。

そして従業員全員が、このアクション計画に基づき「実行」します。

行動した結果は検証することが必要です。目標達成の進捗状況を確認するのです。
“計画どおりに行動したか?”“その結果の数値が達成されたか?”等です。
計画どおりにことが進まないこともあるでしょう。というか、計画どおりに進まないのが世の常です。
必ずしも計画どおりが最良というわけではなく、目標以上に成果が出れば、それはそれで良いはずです。目標達成できなかったら、どうやってそれを取り返すのか?を考えなければなりません。いずれにしてもその内容を分析し、最終的に目標が達成できるようにするためのアクションを導き出すのです。

明確なビジョンの基、“Plan”“Do”“Check”“Action”のいわゆるマネジメントサイクルを回す、これが『目標経営』なのです。

『目標経営』を実践する。これがこの厳しい経営環境の中で中小企業が成長するための必要条件であると、私は思っています。

先にも書いたとおり、『目標経営教室』の連載は、今回を最終回とさせていただきます。
私は、この『目標経営』の実践が、これからの厳しい経営環境の中で中小企業が生き延びるために必要であると確信しております。
この“目標経営”の学びの場として、5年前から“管理会計研究会”(中小企業サポートネットワーク-SmallSun主催)を開催しております。また、その実践の場として“中期経営計画策定教室(将軍の日)”の開催や、P-D-C-Aを回すお手伝いをする“アクションサポート”業務を提供しております。
『目標経営』をより深く理解したい方は、是非それらもご検討いただければ幸いです。

ご覧いただいた皆様の会社の成長発展を祈念し、目標経営教室の最終回を締めさせていただきます。
2年余りに渡り、『目標経営教室』をご覧いただき、ありがとうございました

CheckとAction

前回は経営のP-D-C-Aについてお話ししました。
将来の経営目標を明確にし、それを達成するためのP-D-C-Aを回すことが目標実現につながることがおわかりいただけたでしょうか。
しかし、計画をし(Plan)それに基づいた行動をする(Do)、それで目標が達成できるのなら話は簡単なのですが、実際にはそうは行きません。    目標はあくまでも目標です。“現実は?”というと、そのとおりにならないのが常でしょう。だから、定期的に目標と現実とのギャップをとらえ、計画を修正しつつ最終の目標に近づけるべく行動をすることが必要なのです。

 

 

詳細はこちら

経営のPDCA

前回までで、目標経営における単年度数値計画の策定までご説明しました。

ここで、目標経営の全体について、もう一度復習しましょう。

企業を経営してゆく上では、「経営理念」の存在が非常に重要です。“あなたの会社は何のために存在しているのか?”です。
そして、その経営理念の範囲で、「“ビジョン”を明確にする」ことが、目標経営のスタートです。ビジョンは“これからどのような会社になりたいか?”という中長期の目標であり、経営者の“想い”に他ならないのです。

そして、その想い=ビジョンを達成するために“今、何をすべきか?”“これから何をすべきか?”を考え、具体化する、これが「行動計画」であり、その“行動計画を実行するとどのようになるのか?”を想定し、数値化したものが「数値計画」でした。

 

詳細はこちら

単年度計画⑧
-資金調達計画、税
金計画、資産・負債・資本計画-

単年度経営計画も、前回までで損益計画のほぼすべてが終わり、後は営業外費用である支払利息と法人税等を残すのみとなりました。

しかし、損益計画も重要ですが、財務体質に問題がある会社では“キャッシュが足りるのか?”ということが最も重要です。
どんなに損失が出てもキャッシュさえ回れば会社は存続できますが、利益があってもキャッシュが足りなくなったら会社は存続できないからです。

今回は、数値計画の残りの項目である「資金調達計画」「税金計画」「資産・負債・資本計画」を考え、キャッシュフローを見てゆきましょう。

詳細はこちら

単年度計画⑦ -固定費計画-

前回は単年度計画における「設備投資計画」についてお話ししました。
設備投資計画は、資産の購入や売却により資金面で大きな影響をもたらすとともに、損益面では減価償却という形で長期的な影響を及ぼし、また、除売却により多大な損益が生ずることがあることから、詳細な計画が必要とされることがご理解いただけたでしょうか?

今月は固定費計画について解説しましょう。

 

 

詳細はこちら

 

単年度計画⑥ -設備投資計画-

前回は単年度計画における「人件費計画」についてお話ししました。
人件費は金額的に大きい会社が多く、また、戦略的にも重要な項目であり、詳細な計画を立てたいものです。
関連する“法定福利費”“福利厚生費”“通勤交通費”“退職金(引当金)”等についても一緒に立てることを理解していただけたでしょうか?

今月は『設備投資計画』を解説します。
「設備投資計画」は、損益上は主に「減価償却費」の計画であり、除売却があれば「除売却損益」を計画することになります。
しかし、新規設備を購入した場合または固定資産を売却した場合は、資金の移動を伴うものであり、また、戦略上も重要なもので、詳細な計画が必要となります。

 

 

単年度計画⑥ -設備投資計画-

前回は単年度計画における「人件費計画」についてお話ししました。
人件費は金額的に大きい会社が多く、また、戦略的にも重要な項目であり、詳細な計画を立てたいものです。
関連する“法定福利費”“福利厚生費”“通勤交通費”“退職金(引当金)”等についても一緒に立てることを理解していただけたでしょうか?

今月は『設備投資計画』を解説します。
「設備投資計画」は、損益上は主に「減価償却費」の計画であり、除売却があれば「除売却損益」を計画することになります。
しかし、新規設備を購入した場合または固定資産を売却した場合は、資金の移動を伴うものであり、また、戦略上も重要なもので、詳細な計画が必要となります。

詳細はこちら

 単年度計画⑤ -人件費計画-

前回、前々回とで、単年度計画における売上計画の立て方について解説しました。
売上計画では、売上高の計画を立てると共に、売上高に比例して発生する変動費を計画し、また、在庫・売上債権・仕入債務といった貸借対照表項目も同時に計画しました。
これら項目は、売上高の発生に比例して変動するものであり、同時に計画することが合理的であるからです。
単年度計画を立てる場合、損益項目だけを計画するという会社も見受けられますが、会社の業績を見る上で、損益と共にキャッシュフローが重要であり、キャッシュフローを見るためには貸借対象項目の計画が必要となります。
さて今回は、『人件費計画』について考えましょう。

詳細はこちら

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LINK

navi01 navi02 navi03 link1 link2

会社概要

株式会社アクシィ経営支援室
創立:昭和61年8月
代表取締役:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7872
FAX:03-5211-7873

山本公認会計士事務所
創立:昭和26年7月
所長:山本哲郎
東京都千代田区九段南3-3-4
ニューライフビル4階
TEL:03-5211-7870
FAX:03-5211-7873